【自分でできる子に育つほめ方・叱り方】子どもと「ぶつかる」習慣から「つながる」習慣へ

子育て・教育
おすぎ
おすぎ

今回の書籍「自分でできる子に育つほめ方・叱り方」島村華子著

をおすすめする人は以下の人たちです。

  • 子どもが成長できるほめ方・叱り方を知りたい
  • 子どもに注意すると喧嘩になってしまう
  • 子どもだけでなく、人と「つながる」ためのほめ方・叱り方を知りたい

著者の紹介

島村 華子(しまむら はなこ)

オックスフォード大学修士・博士課程修了(児童発達心理学)。

モンテッソーリ&レッジョ・エミリア教育研究社。

上智大学卒業後、カナダのバンクーバーに渡りモンテッソーリ国際協会の教員資格免許を取得。

カナダのモンテッソーリ幼稚園での教員生活を経て、オックスフォード大学にて児童発達学の修士、博士課程修了。現在はカナダの大学にて幼児教育の教員養成に関わる。

専門分野は動機理論、実行機能、社会性と情動の学習、幼児教育の質評価、モンテッソーリ教育、レッジョエミリア教育法。

心に残った言葉

  • 音の名のエゴのためではない、子どものためのほめ方・叱り方の教育
  • 「褒美を与える」「罰する」はアメとムチ
  • 普段の自分の接し方が長期的な子育てのゴールの邪魔になっているかもしれない
  • 具体的なフィードバックをもらったほうが、次に向けてモチベーションが上がる
  • 親も人間です。感情に振り回されることもあるでしょう。

子どもと「ぶつかる」習慣から「つながる」習慣へ

「ぶつかる」習慣批判する責める文句を言う脅す罰する褒美でコントロール小言を言う
「つながる」習慣応援する励ます傾聴する信頼する尊重する違いを話し合う受け入れる

本書ではオックスフォード大学で児童発達心理学を専攻し,修士・博士課程を修了している著者が教育理論と研究データを基にした効果的な声かけや心構えを紹介しています。

特にモンテッソーリ教育、レッジョエミリア教育の考え方を大切にしています。

これらは子ども1人ひとりを生まれながら能力を持ち合わせたパワフルな学習者、権利をもった一市民とみなします。

おすぎ
おすぎ

教育方法について詳しく知りたい人はこちらの記事も見てくださいね!

今回の書籍は3歳から12歳を対象にしています。

考え方は万人に使えると思うで、是非、参考にしてください。

およこ
およこ

そこで最初にでてくるのが、習慣の表なのね。

これを見てみると、子育てだけに関わることではなさそうね。

おすぎ
おすぎ

言われると確かに。

褒美と罰は無意識にやっているかもしれないなあ。

まずは具体的な声かけの前に心構えから見ていこう!

無条件子育て

大切にする点子どもへのイメージ愛情に対する考え接し方
無条件の接し方子ども全体(理由、気持ち)肯定的見返りを求めない一緒に解決
条件付きの接し方表面上の行動否定的勝ち取る必要がある特権褒美や罰

子育てに関する接し方には2種類あります。

  • 条件付き子育て→子どもの行動に対して褒美や罰を使って愛情を注ぐ
  • 無条件子育て →子どもの行動に対して変わらず愛情を注ぐ

本書では無条件子育てを推奨します。

褒美や愛情をエサにする条件付き子育てでは次のようなデメリットがあります。

  • 短期的にしか教育効果がない
  • 褒美がもらえないと自己肯定感がもてない
  • 親子関係が悪くなる
  • 世代を超えて引き継がれる

短期的に見れば褒美と罰は非常に効果があります。動物の調教なども褒美と罰に近いです。

しかし、本書では「自分でできる子に育つ」という点を重視しています。長期的な目線で見たときには無条件子育てこそ大切な接し方になります。

では、無条件子育ての5つの原則を見てみましょう。

  • ほめ方と叱り方に気を付ける
  • 「子どもに対するイメージ(見方)」を見直す
  • 子どもにとって良きリーダーでいる
  • 子どもへの要求を考え直してみる
  • 子育ての長期的なゴールをもつ

詳しくは本書に譲りますが、一言でまとめると子どもに寄り添うことが重要になってきます。

およこ
およこ

親として見返りを求めないというのも、難しそうね。

寄り添うって言われても具体的なイメージがつかないわ。

おすぎ
おすぎ

どうしても、子どもが悪いことをしたらその行動だけが目に入らないかな?

おもちゃを投げたらすぐ怒るんじゃなくて、理由を聞いてみてってことかな。

理由を聞いたうえで否定せず、正しい方向に導けるような親になれるといいね。

...難しい。

アクティブリスニング(傾聴)

子どもに100%注意を傾けて聞く

アクティブリスニングの一番の長所は自分の話を批判されず、理解してもらえているという安心感を持ってもらうことです。

条件付き子育てで褒美や罰を出してしまうと、言い訳や駆け引きをしてしまい、子ども自身が正しく振り返ることができなくなってしまいます。

子どもに歩み寄ることで、一緒に解決策を導き出せることが理想的ではないでしょうか。

ただ、子どもをコントロールしないよう注意しなくてはいけません。相手の話を聴いていると、ついついアドバイスしたり、おすすめしたりしたくなってしまいますが、子育てにおいては控えていく必要があります。

アクティブリスニングをするうえでのポイントをまとめておきます。

  • ボディランゲージ   →表情を柔らかく、アイコンタクト、相手と向き合う
  • 無条件の受容     →興味を持つ、批判せず受け止める、信頼する
  • 反映力        →繰り返す、言い換える、まとめてあげる
  • バリケードに気を付ける→大人の判断をしない、話をそらさない、解決しようとしない
おすぎ
おすぎ

聴いているとついついアドバイスしたくなっちゃうんだよなあ。

大人も子どもも変わらず、知識をひけらかしそう。

およこ
およこ

自分の子どもだとしたら、なかなか難しそうよね。

聴くだけならまだしも、正しい方向に導ける気がしないわ。

おすぎ
おすぎ

修行しなきゃいけないね。

次は、今すぐに使える具体的な声かけをもとに、ほめ方・叱り方を紹介していきます。

ぶつかるほめ方、つながるほめ方で分けているので、振り返りながら読んでくださいね。

自分でできる子に育つ「ほめ方」

「ぶつかる」ほめ方

おざなりほめ、人中心ほめ

  • おざなりほめ→具体性に欠け、中身のないほめ方
  • 人中心ほめ →性格・能力・外見をほめる

具体的な言葉を見ていきましょう。

おざなりほめ人中心ほめ
「すごいね」
「上手だね」
「えらいね」
「最高」
「頭がいいね」
「かわいいね」
「優しいね」
「才能あるね」

これらのほめ方がぶつかってしまう理由は次の通りです。

  • 「ほめられ依存症」になる
  • 興味を失う
  • チャレンジ精神が低下する
  • モチベーションが低下する

長期的なやる気や行動につながらない可能性が高まってしまいます。これらのほめ方は褒美と同じ役割をしてしまうため、自分でできる子に育つという視点からは適さないのです。

おすぎ
おすぎ

「すごいね」とか「さすが」とか使っちゃうよね。

意識していても使っちゃうくらい自然に出てくるんだけど。

およこ
およこ

子どもに対して使うって考えると、使っちゃうわね。

でも、大人に対して「すごいね」とか「かわいいね」とかあまり使わなくない?

「かわいいね」っていわれるとイラッとするまであるわ。

おすぎ
おすぎ

なるほど。

大人にも使うって考えるとすっきりするかも。

子どもを1人の人間として尊重するってそういうところも大切なのかな。

次に、つながるほめ方を紹介していくよ!

「つながる」ほめ方

プロセスほめ

努力・過程・試行錯誤を中心にほめることが効果的です。

ポイントを3つにまとめてみます。

  • 成果でなく、プロセス(努力・過程・工夫)をほめる
  • 何が、どのようによかったか具体的にほめる
  • 過程(どう頑張ったのか、工夫したのか)に質問する

子どもが次も頑張りたくなる、また、子どものためになるほめ方になることが大切です。評価に近いようなほめ方かもしれません。

また、あえてコメントしないこともほめ方の1つです。

評価を加えてほめることも重要なことですが、子どもにとってはその場にいる親や友人と、その時の感情を共有したいだけの可能性もあるからです。

最後に、先ほど紹介した「ぶつかる」ほめ方を「つながる」ほめ方に変えてみましょう。

「ぶつかる」ほめ方事実「つながる」ほめ方
すごいねマラソンを走りきれた最後まで諦めなかった姿勢がすごいね
えらいね弟を助けた困ってる弟を助けてくれて、ありがとう
かわいいね髪を結んだ娘工夫して結んだから、かわいくなったね
優しいねお手伝いしてくれた困っている様子を見てくれていたんだね
上手だね遠くへボールを投げた遠くまで飛んだね、何か工夫はしたの?
おすぎ
おすぎ

これはぱっとでてきそうにないなあ。

書きながら、自分にできるかどうか怪しくなった。

およこ
およこ

本当にほめるというより、評価するに近いわね。

ほめ上手って無意識にこれができてるのかもしれない。

相手のことを考えたり、観察したりしないと言えないわね。

おすぎ
おすぎ

ただほめればいいっていうわけじゃないのがよく分かるよね。

無意味にほめても、相手の気分を害すことにつながりそうだし。

自分でできる子に育つ「叱り方」

「ぶつかる」叱り方

中心の叱り方、罰を与える叱り方

人中心ほめがよくないことは前述しました。では、人中心の叱り方はどのようなものでしょう。

  • なんて悪い子なの
  • 落ち着きのない子ね
  • どうしてわからないの
  • だらしがない、早く片付けて
  • なんで言うこと聞けないの

次に、罰を与える叱り方です。罰にも様々な罰があります。

  • 言葉による罰→暴言を言う、怒鳴る
  • 物理的な罰 →暴力をふるう、物を取り上げる
  • 行動による罰→無視する、細かく口を出す

それぞれ子どもとぶつかる叱り方になります。

問題点を4つにまとめてみました。

  • より攻撃的、反発的な態度を生み出す
  • 力を使った問題解決を覚えさせてしまう
  • 親子関係が悪くなってしまう
  • 罰を与えても反省を促さない

子どもとぶつかる習慣にも書いてありましたが、これらは世代を超えて受け継がれやすいです。

体罰や虐待もそうですが、受けてきたことはそのまま自分の子育てに反映されてしまいます。

おすぎ
おすぎ

子どもだけど、1人の人間として、しっかりと対応するべきなんだね。

相手が小さくて、自分の言う事をきいてくれることが前提になっちゃいけない。

大人と話すように、尊重することが大前提だね。

およこ
およこ

家庭環境って自分の家庭以外を見ることが少ないから、正しいと思いがちなのかもね。

ほめ方・叱り方に限らず、食事やしつけも同じことが多いものね。

親になるって、色々なことを勉強しなくちゃいけないのかしらね。

「つながる」叱り方

わたしメッセージを使う

行動+感情+影響+提案という構成で叱ることがオススメです。

  • 行動→避難や否定をせずに、子どもの行動を客観的に描写する
  • 感情→子ども、自分(親)、関わった人がどう感じたかを伝える
  • 影響→なぜその行動に問題があるのか周囲の人への影響を説明する
  • 提案→どうしたら同じ出来事を回避できるか解決策を話し合う

具体例として、おすぎ(10歳)が弟のおもちゃを取り上げてしまった場面を想定してみましょう。もちろん、ここで叱ってくれるのはおよこさんです。

およこ
およこ

どうしたの?

おすぎ
おすぎ

弟のおもちゃをとったら、弟が泣き始めたんだ。

僕も使いたかったのに。

およこ
およこ

そう、おもちゃの取り合いをしてしまったのね。(行動)

弟はとても悲しそうにしていたわよ(感情)

私も2人の仲が良くないと悲しいな(感情)

おすぎ
おすぎ

でも、僕も使いたかったんだ。

およこ
およこ

おすぎもおもちゃを使いたかったのね(感情)

でも、あの後、弟はずっと落ち込んじゃってたのよ(影響)

なんとか2人で仲良くできる方法はないかな?(提案)

おすぎ
おすぎ

うーん。じゃあ、一緒に遊んでみる。

実際には、子どもの言い分も様々あると思うのでスムーズではないと思います。叱ることは褒めることよりも難しい場合がほとんどです。

わたしメッセージに見せかけて、「あなたが○○しないせいで、わたしは○○なのよ」というあなたメッセージに変わってしまうこともあります。

そこで、叱り方の4つの原則を最後にまとめておきます。

  • 「ダメ!」「違う!」をできるだけ使わない
  • 結果ではなく努力やプロセスに目を向ける
  • 好ましくない行動の理由を説明する
  • 親の気持ちも正直に伝える

親の気持ちを正直に伝えることはネガティブなことだけではなく、嬉しかったポジティブなことも伝えられるといいです。叱られている時の気持ちはただでさえマイナス。そこで少しでもポジティブを交えておけば、次へのやる気につながるからです。

最後に、ぶつかる叱り方で紹介したものを、つながる叱り方に変えてみましょう。

ぶつかる叱り方事実つながる叱り方
なんて悪い子なのいたずらをしたなんでいたずらしようとしたの?
落ち着きのない子ね椅子に座ってられないもう少し頑張ってられるとお母さんは嬉しいな
どうしてわからないの同じ失敗をしてしまうなんで間違えちゃうのかわかるかな?
だらしがない、早くかたづけて片付けができない踏んじゃうと壊れちゃうから、片付けて欲しいな。
なんでいうこと聞けないの話を聞かない話を聞いてくれないと、お母さんは悲しいな。
およこ
およこ

10歳の旦那さんは勘弁だけど、やり取りを見ていると納得がいくわね。

ただ、実際の子どもってこんな単調じゃないことばかりでしょうね。

正直、全然言う事を聞いてくれなかったら罰を与えちゃうわ。

おすぎ
おすぎ

イメージでしかないけど、色々な言い訳はしそうだよね。

ただ、そういうときも原則を忘れずに、しっかりと対応してあげられるといいね。

人としての器が試されるような気はするけど。

まとめと感想

おすぎ
おすぎ

今回は「ほめ方・叱り方」について紹介しました!

子どもだから、という考え方に縛られずに、1人の人間としてどう接していくのか。

そのためにどう声かけをしていけばいいのかを紹介してきました!

およこ
およこ

相手が小さい子だと、おざなりほめを使いそうね。

最初は難しいかもしれないど、少しずつプロセスほめができればいいかな。

おすぎ
おすぎ

子どもに限らず、大人にも同じ考え方が使えると思うよ。

おすぎにもプロセスほめを使ってみてください。

およこ
およこ

きちんと、叱り方もセットで使ってみようかな。

おすぎにも、子どもにも感情が先に出てきそうになるかもしれないけど。

おすぎ
おすぎ

暴力や暴言はやめてくださいね。

頭で理解していても心で納得できないことは多い。

できなくても、過度に自分を責めすぎないことも大切だね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました