【メモの魔力】「記録」としてのメモはもう古い?自分を成長させる「知的生産のためのメモ」とは?

自己啓発
おすぎ
おすぎ

今回の書籍「メモの魔力」前田裕二著

をおすすめするのは以下の人たちです。

  • メモをとることが苦手でつまらない
  • 記録や記憶のためのメモをしている
  • アイデアを生み、創造力をつけたい

心に残った言葉

  • メモは、情報伝達ではなく知的生産に使ってこそ本領が発揮される
  • メモの本質は「ノウハウ」ではなく「姿勢」である
  • メモできる環境を整え、ひたすらメモをとる。一旦、ここから始めてください。

著者の紹介

前田 裕二(まえだ ゆうじ)

SHOWROOM株式会社代表取締役社長。

1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部卒業後、外資系投資銀行に入行。日本からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。数千億~数兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。

13年、DeNAに入社。仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。

15年に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。

同年8月にソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合併会社化。

著書「人生の勝算」はAmazonベストセラー1位を獲得。

知的生産のためのメモとは?

メモには2種類あります。

  • 「記録」としてのメモ
  • 「知的生産」としてのメモ

メモをとりなさいと言われたら「記録」としてのメモを想像するのが一般的だと思います。しかし、本書では「記録」としてのメモではなく、「知的生産」としてメモを使用することを勧めています。

もちろん、「記録」としてのメモも大いに役立ちます。会議のやり取り、買い物リスト、作業の手順。現実世界ではメモを取る場面に溢れています。

ただ、「記録」としてのメモはいずれ機械やAIに取って変わる可能性があります。

そのため、「人間にしかできないこと」に集中するため、メモをとるのです。それは創造力であり、発想力である「知的生産」です。

今回は「知的生産」のためにどのようにメモを取っていくのかをご紹介します。

おすぎ
おすぎ

「メモ魔」とさえ言われる前田裕二さんのメモに関する書籍だね。

メモによって人生さえ変わる、そんなメモの魔力に関する内容だよ。

本書の後半は自分を知るためのメモの内容もあるけど、それは購入してからのお楽しみ!

およこ
およこ

メモねえ。私も職場で頻繁にメモするけど、記録以外に使えるのかしら。

少なくとも、メモをとっていて閃いたことはないけど。

おすぎ
おすぎ

うーん。自分もない。(笑)

そもそもメモに意味すらあまり感じていない。

まず、前田裕二さんが上げるメモの効果について見てみようか。

メモによって鍛えられる5つのスキル

アイデアを生み出せるようになる

知的生産性の向上

詳しくは後述しますが、アイデアや発想につながります。この書籍で伝えたい、最もメインとなる、メモによって起きる成長です。

仕事に関する内容はもちろんですが、副業や家事など様々な場面でアイデアが生み出せます。

情報を素通りしなくなる

獲得情報の伝達率向上

自分たちは思っている以上に情報を素通りしています。

会議や授業など、そのまま聞いていると、話のどれだけを覚えているでしょうか。内容や要点は覚えていても、間の雑談や関係ない出来事までは覚えていないのではないでしょうか。

メモをとることによって、単純に得られる情報量が増えます。ただ聞くだけでなく、聞き漏らさないような姿勢と行動によって素通りせず、自分に残る情報が増えるのです。

情報量が増えれば、生み出される発想も増えます。

およこ
およこ

私、授業のノートをきれいにとることが好きだったんだけど、確かに、聞き漏らさないように集中する必要があったと思う。ノートをとる行動が自然と聞く姿勢に出ていたのかも。

おすぎ
おすぎ

授業に心当たりはないけど、会議で眠くならないために必死にノートをとってるなあ。(笑)

ただ、メモをとる中で「これ何のことだっけ」って再確認するときはあるかな。

なんとなく覚えていたことが、わからないって自覚するというか。

相手のより深い話を聞き出せる

傾聴能力の向上

これは自分が変わる、というより、相手とのコミュニケーションに影響を与えます。

前田裕二さんはラジオでパーソナリティをしている時、いつも通りゲストの方の話をメモしていました。すると、そのゲストの方からこのように言われたそうです。

「嬉しい。すごく気持ちがいい。こんなこと、今まで話したことはなかったんだけど...」

このように、相手の話を聞くときにメモをしている行動そのものが、相手の話を聞く姿勢となります。普通は見えにくい姿勢や思いが、メモをとるといった行動に可視化されているのです。

それが、相手の話を引き出すことに繋がっているのです。

おすぎ
おすぎ

これなら、今からでも日常生活で使えそうだね!

自分も後輩がメモをとって話を聞いてる姿を見ると、ちょっといい気持ちになるな。

これだけでも、メモをとる意味を感じるかも。

およこ
およこ

アルバイト先のおばちゃんに同じようなことを言われたことがあるわね。

「こういうときはメモとったほうがいいよ」って。

あながち、間違っていなかったんだなって思ったわ。

話の構造が分かるようになる

構造化能力の向上

話の全体像が常に把握できるようになります。今どの話題を、どんな目的で、どこまで話しているのか。そのような全体像を把握することで、良い質問にも結び付いてきます。

実際、話の構造を意識した上で話す人ばかりではありません。

雑談も、会議でさえも、少しずつ話題がそれてしまうことも珍しくありません。結果的に何の話し合いをしているのか分からなくなることもあるでしょう。

そのような事態を防ぎ、良い方向へ辿り着かせる力もメモにあるのです。

およこ
およこ

仕事での会話はまだしも、雑談は気にしなくていいんじゃない?

話が広がった方が盛り上がるだろうし。

おすぎ
おすぎ

雑談の目的にもよるかもね。

親密になりたい人となんとなく雑談をしても効果が薄いから、目的は大事かな?

相手が何を話しているのか、自分が何を話したいのかまとまるとよくなるのかな。

曖昧な感覚や概念を言葉にすることができる

言語化能力の向上

メモにするということは、同時に言葉にしなくてはいけないということです。

頭の中で終わらせてしまえば、考えや思考はそのまま残ります。しかし、言葉にしなくてはならなくなったとき、強制的に言語化をしなくてはならなくなります。

例えば、「やばい」の一言だけでも、何がやばいのか、どうやばいのかといったように様々な考えを持つことができます。メモをしなければ素通りしてしまっていた考えが、メモをとることによって深い思考へと繋がり、アイデアにもつながりやすくなります。

おすぎ
おすぎ

「やばい」「かわいい」「すごい」だけで会話できそうだね。(笑)

小説やエッセイを書く上ではすごく大切な力なんだろうなあ。

ブロガーとして見習わなくちゃいけないね。

およこ
およこ

自分の感情を振り返る機会なんてなかなかないわよね。

言葉にする力を気に掛ける機会もなかったけど。

前田裕二流メモのノウハウ!

アイデアを生み出すメモの取り方

ノートは見開きで使用します。そして、図のように区切ります。

1つの話題や、1つの出来事に対して見開き1ページというように使用していきます。最初は隙間が気になったり、もったいなかったり感じてしまうかもしれません。

しかし、この隙間こそが知的生産の重要な部分です。

まず、空いていることによって、埋めなくてはいけない感覚が生まれます。そのため、普段よりも多くの情報量を得ようとします。

次に、右側の抽象化と転用も同様に埋めようとします。こちらは、なんとかアイデアを生み出そうとすることで、関係ない物同士でも無理矢理つなげようとします。それが発想へとつながります。

メモの取り方については以上ですが、次に、このメモの考え方(フレームワーク)について考えていきます。

およこ
およこ

うーん。例としてまとまってるからいいけど、右側の抽象化と転用を開けるのは不安ね。

そんなにアイデアが浮かぶとは思えないし。ノートがもったいない気がしちゃう。

おすぎ
おすぎ

なんとな埋めなきゃいけない感覚に追われるよね。(笑)

でも、本当はそれくらい情報をキャッチして、処理しなきゃいけないんだろうね。

特に、何かで特別な才能を発揮する人たちは無意識にできているのかも。

およこ
およこ

まあ、ノートじゃなくても、雑紙でもいいものね。

本当はノートがいいんだろうけど、まずはやれるところから試しでやってみることが大切ね。

「ファクト→抽象化→転用」

この考え方(フレームワーク)に前田裕二さんのメモ術のポイントが詰まっています。

  1. インプット(獲得)した「ファクト」をもとに
  2. 気づきを応用できるレベルに「抽象化」し
  3. 自らのアクション(仕事や生活)に「転用」する

大まかにまとめると、このようになります。最初に示した図の例だと分かりにくいかもしれないので、イメージがつきやすいよう「大阪で飴とチラシを一緒に配ると3倍チラシを配れた」という話題の例を使います。

  1. (ファクト)大阪で飴とチラシを一緒に配ると3倍チラシを配れた
  2. (抽象化)大阪人は東京人よりも目で見えるメリットを求める
  3. (転用)大阪人の価値に対する考え方は自分の仕事にも影響があるのではないか

このようにして、関係の無いようなファクトからも自分に生きる情報や発想へと変えることが可能になります。次からは少し細かく話していきます。

およこ
およこ

大阪の飴の話も以外だけど、そこから自分の仕事への影響までつなげて考えるのね。

一見、関係ないような事柄同士だけど、確かに影響はあるかもしれないわね。

おすぎ
おすぎ

実際、前田裕二さんは、ここから新たなビジネスモデルを生み出したんだ。

こうやって、日常生活の全てを発想へと結びつけることができるんだね。

「抽象化」は人間に与えられた最強の武器

具体的な情報から何か言えることはないか。そこに気づきはないか。応用可能な法則はないか。

このように考えることを「抽象化」と前田裕二さんは語っています。

前田裕二さんは「抽象化」こそ前田流メモの根幹だと言っています。より多くの発明を生み出したり、効率的に生きたりするために必要な考え方なのです。

特に抽象化する上で大切な問は「どんな?」「なぜ?」と問うことです。

抽象化を進めていくことで物事の本質、なくてはならないことに辿り着き、それは人生の他の場面においても使える考え方や概念になることが多いのです。

おすぎ
おすぎ

ポケモンはタイプごとに弱点がある→面接官も人に応じて対応を変えるべき

といったように、何も難しい話ばかりではないんだ。

日常生活の様々なことから学べる事は多いんだね。

およこ
およこ

なるほどね。

他の仕事やビジネスも、自分の仕事に活きる部分があるのは分かる。

それを日常生活の全てから得ることができるのがこのメモ術っていうことね。

まとめと感想

おすぎ
おすぎ

今回は「メモの魔力」についての記事を書きました。

実際、本当に大切なのはメモの取り方ではなく、自分が何をしたいか、と前田裕二さんは言っているんだ。倒したい敵もいないのに、戦おうとする戦士、のように。

自分が何をしたいのか、何を求めているのか、本書の半分以上はそこに注力されている。

およこ
およこ

あら、そうなの?

てっきり、このメモ術だけで様々なアイデアや発想が生まれるのかとおもっていたけど。

実際には自分を通して行うメモだから、自分自身を知らなくちゃいけないのね。

おすぎ
おすぎ

自分を知るためにもメモが活きるんだ!

今回は割愛させてもらうけど、是非、購入して自分と対話してみてください!

その自己分析は1000問もあるから、なかなか大変だろうけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました