【1%の努力】サボる才能を開花させ、幸せの総量を増やすために

自己啓発
おすぎ
おすぎ

今回の書籍「1%の努力」ひろゆき著

をおすすめする人は以下の人たちです。

  • 頑張り、努力して疲れた
  • 競争や比較で自分が嫌いになる
  • 自分の思うような人生が歩めず幸せではない

著者の紹介

ひろゆき(本名:西村 博之)

1976年、神奈川県生まれ。

東京都に移り、中央大学へと進学。

在学中に、アメリカ・アーカンソー州に留学。

1999年、インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。

2005年、株式会社ニワンゴの取締役管理人に就任し、「ニコニコ動画」を開始。

2009年に「2ちゃんねる」の譲渡を発表。

2015年、英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に。

2019年、「ペンギン村」をリリース。

主な著書に「無敵の思考」「働き方 完全無双」(大和書房)、「論破力」(朝日新書)がある。

アクションプラン

  • 努力して伸びることに集中する→会社の給料より副業のほうが努力して伸びる?
  • 欲しい物があったら、なぜ欲しいのか、必要ないんじゃないかと考える→車、高機能PC
  • 失敗も笑い話にできるからこそ、様々なことに挑戦
  • ブログだけでなく、本に関連する競争の無い市場を探し→動画での紹介?

「1%の努力」ってどんな本?

ひろゆきさんが本書を書いた目的は

死ぬまでの幸せの総量を増やすため。

現代は頑張ればなんとかなるわけではない。努力でなんとかなるばかりではない。

具体例を挙げながら、ひろゆきさんは目的を説明しています。

あなたは「働きアリ」?「働かないアリ」?

アリの巣を観察すると大きく分けて2種類のアリに分かれます。

働きアリ働かないアリ
・巣を掃除する
・餌を運んでくる
・一生懸命働く
・何もしない
・たまに外へ出歩く

人間の周囲を見渡しても、この2種類に分けることができます。

多くの人は「働きアリ」であるべきだと考えるのではないでしょうか。

しかし、ひろゆきさんは「働かないアリ」であることを推奨します。

「働かないアリ」はサボっているように見えて、たまに「バカでかいエサ」を見つけます。

それを持って帰り報告すると、他のアリが運んでくれて大手柄になります。

最小の努力で、最大の成果を引き出す「働かないアリ」を目指すべきであることを伝えてくれています。

おすぎ
おすぎ

アリをもとにした研究は色々あるよね。

働かないアリがいるからこそ、働くアリがいる。

起業にも当てはまるって聞いたなあ。

およこ
およこ

全員が頑張らないと成り立たない企業は、それはそれで大変よね。

私だったらうかつに休めないなあ。

エジソンの名言の真意は?

「99%の努力と1%のひらめき」

これは発明家であるエジソンの有名な名言です。

しかし、この名言の真意は以下の通りであるとひろゆきさんはおっしゃっています。

「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄になる」

エジソンにはひらめきがありました。

「光る玉のようなものを作ろう」

だからこそ様々な実験や試行錯誤を繰り返した99%の努力が報われたのです。

ひらめきもないまま努力をしても、それは無駄になってしまう。

努力しなくてはいけない、という内容ばかりが強まっても不幸になる人が増えてしまう。

そんなひろゆきさんの思いが本書にも込められています。

おすぎ
おすぎ

おすぎは野球がすごく好きだったけど、競技は大学で終了。

今は草野球でのんびりやることが楽しいです。

やるだけの努力はしたからスッキリしているけどね。

およこ
およこ

自分が納得しているならいいんじゃない?

諦めきれない人たちも多いわけなんだし。

おすぎ
おすぎ

やみくもに努力するんじゃなくて、目的が必要だね。

今回は努力で苦しむだけにならないような思考方法を抜粋してご紹介していきます!

ラクに生きるための思考方法

エッグスタンドなんていらなくない?

「エッグスタンド」と聞いて、すぐに物が浮かびましたか?

恐らく、多くの人が浮かばなかったのではないでしょうか。

ひろゆきさんは、それを買う余裕がある人、当然だと思っている人に衝撃を受けました。

「卵を置くだけに使う物なんているの?必要なくない?」

でも、この「エッグスタンド」のようなものは世間でも様々ありませんか?

  • 幼・小・中における受験経験
  • 機能性に優れた車
  • 自分の土地や家
  • 身の回りのブランド品

現代では多くの比較対象が見つかってしまいます。

比べるものが多いと、人間は逆に苦しんでしまいます。

学歴、車、家、家具などなど...

そんなときに「それっていらなくない?」と考えてみてください。

持っていて普通という言葉に耳を傾ける必要はありません。

およこ
およこ

わたしも、エッグスタンドを知らなかったし、いらないわね。

テレビでCM見るだけでも、いいなって思う瞬間は多いな。

おすぎ
おすぎ

今はTwitter、Instagram、Facebook。

様々な比較する道具があるよね。

だからこそ、自分の基準を持たなくちゃいけないよね。

世の中はチョロいし、意外とまわっていく

ひろゆきさんは9つ以上のバイトを経験してきました。

「コンビニ店員」「スーパーの総菜売り場」「ラーメン店」「チラシのポスティング」「携帯電話会社の電話対応」「塾講師」「ピザの配達」「佐川急便」

多くの経験を重ねる中で、感じたことは...

世の中、案外チョロい。中にはいってみるとこんなもんか。

これ、高校生でもできる仕事なんじゃない?

バイトでも、高卒でも、大卒でも、仕事に差はないのではないかと考えました。

さらに、バイトをする中でズルやサボっている姿を見てきて、これでも会社は回ってしまうのかという状況を目の当たりにしてきたそうです。

この考えを持っていると、少しだけ普段の仕事もハードルが下がるのではないでしょうか。

完璧で、しっかりと行わなければいけないことばかりではないかもしれません。

以下、ひろゆきさんのバイトエピソードを載せておきます。

  • 電話対応でクレーマー対応を「こんな人もいるんだ」と楽しんだ
  • ゲームを読んだり、漫画を読みながらクレーム対応をした
  • ピザの配達を裏道使って早く終わらせ、余った時間で遊ぶ
おすぎ
おすぎ

おすぎも飲食店でアルバイトをしてました。

ひろゆきさんの話を聞いてると、納得する部分も多かったです。

もちろん、そればかりじゃないけどね。(笑)

およこ
およこ

わたしのところはしっかりしてたなあ。

これを見て、うわ、まじかって思っちゃった。

あんまり期待しすぎるのもよくないのかな。

笑い話をいくつもっているだろうか?

世の中のすべてが「ネタ」になる

今までの人生で最もつらかったことは何ですか?

就職に失敗した、受験に失敗した、お金を使い切ってしまった、彼女に振られた...

人生の辛かったことは、自虐によって大きな笑い話になる可能性を秘めています。

周囲に笑って聞いてくれる友人がいれば最高です。

こう考えると、つらいことでさえも、捉え方次第では貴重な経験になる可能性があるということです。

おすぎ
おすぎ

意外と、笑い話にできるくらいの大失敗って浮かばないなあ。

受験に失敗や大学での堕落した生活はあるけど、笑いになるほどじゃないし。

およこ
およこ

うーん。料理の失敗談くらいかなあ。

そう考えると、失敗することって魅力が増えるかもしれないわね。

失敗したいとは思わないけど。

最低限の努力で幸せになる思考方法

変えられる部分はどこにある?

「環境」「遺伝」で決まる部分もある

様々なデータが「環境」と「遺伝」によって決まる現実を明らかにしています。

  • 東大生の親の年収は950万円以上。450万円未満は1割。
  • イタリアで600年前に富裕層だった家系は2011年も富裕層。
  • 顔やスタイルはほとんど遺伝で決定する。
  • 音楽の才能の9割は遺伝子で決定してしまう。

人生のスタートラインの時点で大きな差があることも事実です。

この差を努力で埋めようとすることも1つの考えですが、難しいことも事実。

「環境」と「遺伝」は変えることが難しい、もしくは、できないことばかり。

自分には何が変えられるのか、何ならできるのかを見つけ、努力していくことが重要です。

おすぎ
おすぎ

振り返ってみても、頑張ってもプロ野球選手は無理だろうなあ。

身長もそんな高くないし、体も普通だし。

今はこうして他の道で勝負できてて良い形かなって思うね。

およこ
およこ

私はそもそも、そこまで何かに頑張ってないからなあ。

才能やスキルがなくてもほどよく幸せに生活できることは納得してるし。

特別にだけなろうとしなくていいとは思うわ。

片手はつねにあけておけ

常に余裕を持ち、暇を作ること

チャンスを掴むために、多くの人は準備が大切だと言います。

しかし、掴むためには手が空いてなくてはいけない。時間や気持ちに余裕がなければいけません

「努力で解決しよう」「頑張ればなんとかなる」

このように考えるばかりでは、両手が塞がってしまいチャンスを取り逃してしまいます。

また、時間や気持ち以外にも、自分を縛るものは数多く存在します。

家族、思い出、仕事、友人、プライド...

あなたにとって、余裕を生むために不要なものは捨ててもいいかもしれません。

おすぎ
おすぎ

暇が無ければブログや読書もできないからね。

そう思うと今はほどよく余裕があるかな。

およこ
およこ

私も寛容だからね。

子どもが生まれるとこうはいかないわよ。

おすぎ
おすぎ

間違いない。

子持ちブロガーの皆さんには尊敬の眼差しです。

子育てのみでも大変なのに、働きながらなんて。

競争のいらないところに頑張る

誰もやっていないことがチャンスになる

モルックというスポーツはご存じですか?

非常にマイナーなスポーツであり、2022年現在、世界大会に出場する条件は旅費が払えることです。

これなら、読者の皆さんも世界で戦うことができます。

しかし、野球ではどうでしょうか。

メジャーリーグは非常に過酷。競技人口は非常に多い。未経験者が入りずらい。

多くの人が日本でのプロでさえ挫折してしまう現実があります。

もちろん、モルックで生活することは現在困難です。

ただ、モルックのように競争が少ない分野はいくらでもあります。

あなたの身の回りに競争が少ないチャンスはいくらでもあるかもしれません。

およこ
およこ

そう言われると少しだけやってみたくなるわね、モルック。

誰にでもチャンスがあるってやりたくなるもの。

おすぎ
おすぎ

今は競技人口が少ないし、お金も生まれない。

でも、この先お金が発生するようになったら今やってる人はラッキーだよね。

そんな競争が少ない分野で勝負することは大きなチャンスだよね。

ゼロイチ以外でできることは何か?

自分に合っているのはどのタイプか?

ひろゆきさんは仕事には3つのタイプがあると主張しています。

  1. 「0」から「1」を生み出すこと
  2. 「1」を「10」にする人
  3. 「10」を維持しながら11、12..にしていく人

1のタイプは天才とも言われる人です。

自分のアイデアを愛し、まわりを巻き込んで没頭する。

そうやってできたものを、2の人が大きく改善し拡大させる。

3はそれを維持して忍耐強く提供していく。

世間では1の人に大きく憧れ、3の人を冷遇しすぎています。

誰しもが1のタイプになる必要はありません。

2や3の人がいなくては1の人も輝くことはできません。

自分にとって、最適なポジションはどこなのか、振り返ってみましょう。

およこ
およこ

わたしは間違いなく3のタイプ。

特別な才能おもないし、ひらめきもないし。

おすぎ
おすぎ

ひろゆきさんは3の人を地味に応援しているみたい。

周りとのバランスをとるために大きなパワーを必要とするからね。

おすぎは2かなあ。1レベルのひらめきはないかな。

まとめと感想

おすぎ
おすぎ

今回は「1%の努力」について紹介しました!

必要最低限の努力で、最大の幸福を得る思考方法を抜粋して紹介しました。

本書では7つのエピソードと49の思考方法が紹介されているので、気になった人は購入して読んでみることをお勧めします。

ひろゆきさんの語り方は非常に面白いです。

およこ
およこ

テレビを見ていると、無茶苦茶な人の印象があったど、話を聞いてるとそうでもないのよね。

若者を中心に納得する人が多い理由もわかるわ。

おすぎ
おすぎ

やっぱり本音で喋ってくれている感じがいいよね。

思っていても口にはできないことを代弁してくれるっていうか。

およこ
およこ

苦しまずに幸せに生きたい私からすると納得することが多かったな。

考え方だけで幸せが増えるなら読んで損はないかもしれないわね。

読書すること自体が面倒なんだけど。

おすぎ
おすぎ

調べることをおろそかにしないって書いてあったよ。(笑)

是非、多くの人の思考方法を自分の生活に活かしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました