【独学大全】「自分を変えたい」諦めてきたあなたを変える一冊

ライフハック
おすぎ
おすぎ

今回の書籍「独学大全」読書猿著

をおすすめするのは以下の人たちです。

・賢くなれず、すぐに飽きてしまって学びぶことに苦手意識がある人
・本を読むのが遅く、学びに向ける時間が少ない人
・自分を変えたいが、その方法が分からず行動できていない人

本書(記事)のポイント

  • まずは学ぶ内容よりも、学びに対する考え方や学ぶ技法が大切
  • 全てを実行する必要は無い、全てを読む必要も無い
  • 独学はいつ始めても、いつやめてもいい

著者の紹介

読書猿(どくしょざる)

ブログ「読書猿 Classic:between/beyondreaders」主宰。https://readingmonkey.blog.fc2.com/

「読書猿」を名乗っているが、幼いころから読書が大の苦手で、本を読んでも集中が切れるまで20分かからず、一冊を読み終えるのに5年くらいかかっていた。

自分自身の苦手克服と学びの共有を兼ねて、1997年からインターネットの発信(メルマガ)を開始。2008年にブログ「読書猿Classic」を開始、ギリシア時代の古典から最新の論文、個人のTwitterの投稿まで先人たちが残してきたありとあらゆる知を「独学者の道具箱」「語学の道具箱」「探し物の道具箱」などカテゴリことにまとめ、独自の視点で紹介し、人気を博す。

現在も昼間はいち組織人として働きながら、朝夕の通勤時間と土日を利用して独学に励んでいる。

「アイデア大全」「問題解決大全」(フォレスト出版)はロングセラーとなっており、主婦から学生、学者まで幅広い層に支持を得ている。

本書は3冊目にして著者の真骨頂である「独学」をテーマにした主著。

なお、「大全」のタイトルはトマス・アクィナスの「神学大全」のように、当該分野の知識全体を注釈し、総合的に組織した上で、初学者が学ぶことができる書物となることを願ってつけたもの。

「独学大全」について

「独学大全」には55の独学の技法が掲載されています。そのため、本自体は広辞苑や国語辞典のような厚さになっており、そもそも学ぶことが苦手な人に不向きな印象を与えそうです。

しかし、著者である読書猿さんは「私がもっと賢く、忍耐強い人間であったなら、おそらく全く違う本を書いていたはずだ」と言うように、学ぶことが苦手な人のために書かれた本なのです。

本書は独学を志す人の道具箱として、辞書のようにおいてもらうことを望んでいます。そのため、次のような工夫がされています。

  • 独学をする上で、効果の高いものから紹介している
  • それぞれの章が独立しており、どこから、誰でも読める構成になっている
  • 巻末に「困りごと索引」という、困った内容に対応する解決方法の索引がある
おすぎ
おすぎ

最初、書店で見たときは全く買おうと思えなかったなあ。

3000円近い値段と、辞書のような厚さ。

およこ
およこ

でも、とても多くの人に読まれている本なんでしょ?

自分を変えたいなら、自己啓発みたいな本を読むと思うけど。

この一冊にどんな魅力が詰まっているの?

おすぎ
おすぎ

もちろん、独学をする上での技法は魅力の中心だと思う。

ただ、この本の技法はノウハウばかりでなく、独学への心の整え方も含めているんだ!

さっき、重要なものから紹介していると言ったけど、第一部は「なぜ学ぶのかに立ち返ろう」というテーマになっているよ!

およこ
およこ

じゃあ、自己啓発とノウハウがセットになっているのね。

まさに、独学に関する何でも辞典ってことかしら。

おすぎ
おすぎ

全部を紹介したいところだけど、今回の記事では調べ方、学び方に関する技法は省きます!

まずは独学に対して意欲が湧かない人、学びが続かない人に向けて記事を書いていくよ!

だから、紹介する技法は前半部分のものに限っています!

おすぎのおすすめ技法!

技法1 やる気の資源を掘り起こす「学びの動機付けマップ」

学びの動機付けマップ

  1. 学びのきっかけとなった出来事を探す
  2. その出来事の影響範囲をマッピング
  3. 影響の評価をする
  4. 評価の理由付けをする
  5. 1~4を必要なだけ繰り返す
おすぎ
おすぎ

効果の高いものから配列した一番先頭はこれ!

学ぶ意欲が失われそうになったら、根本に立ち返れるようなマップが必要ってことだね。

およこ
およこ

なるほど。

私も仕事のことを勉強しようと思った出来事はあっても、意識を続けるのは難しい。

そのうち、勉強もせずに、まあいっか、くらいになっちゃう気はするわね。

おすぎ
おすぎ

勉強したい、学びたい!っていう気持ちを記録しておくことは、意欲が湧かなくなったときの支えになるっていうことだね。

学びに限らず、スポーツや仕事への熱意も同じようなマップが使えるのかな。

参考程度におすぎのマップをのせておきます!

技法3 学びの地図を自分で描く「学習ルートマップ」

学習ルートマップ

  1. 紙の両端に現状と目標を書く
  2. ステップを書き加えて、現状と目標をつなぐルートを作る
  3. 複数のルートを考える
  4. 複数のルートから実際に学習するルートを選ぶ
  5. 実際の学習を進めながらルートマップに修正を加えていく
およこ
およこ

これって、小学生とか中学生のテスト計画表みたいなもの?

あれ、全く役に立った記憶ないんだけど。

おすぎ
おすぎ

計画したものを実行するっていうものではないんだ。

現状と目標を比べて、どう辿り着くかを考えたら、行動しながら変更していく。

計画に縛られず、目標のために臨機応変に変えていいものだよ!

およこ
およこ

じゃあ、もし選んだ方法で思ったような効果が出ない場合、他のことを試せばいいのね。

そう考えると自分が学んできた足跡を見るようね。

おすぎ
おすぎ

そう!技法の1と3は学ぶ意欲が失われそうなときの拠り所になってくれるんだ!

24時間365日、人間のモチベーションが続くのは難しいからね。

技法5 重い腰を蹴っ飛ばす「2ミニッツ・スターター」

2ミニッツスターター

  • タイマーを2分にセット
  • タイマーをスタートさせ、すかさず作業を開始する
  • タイマーが鳴ったと同時に途中でも作業をストップする
およこ
およこ

2分?それだけ?

2分なんて、誰でもできそうな気がするけど。

おすぎ
おすぎ

だからこそいいんだよ!

人間が走り始める時も、車が走り始める時も、大きなエネルギーが必要。

だからこそ、始めるきっかけのハードルは低ければ低いほどいいんだ!

およこ
およこ

たしかに。

2分やり始めちゃったらそのまま続けちゃう気もするわね。

掃除も、洗い物も、やり始める前にはすごく気が重いのに。

技法6 自分も知らない自分の行動を知る「行動記録表」

行動記録表

  1. 未来の予定が書いてある手帳を用意する
  2. 実際に1週間、行動を記録する
  3. 予定と実際の記録を比較する
およこ
およこ

この技法、記録するだけ?

変えたいのは未来の自分なのに?

おすぎ
おすぎ

この記録、実はものすごい力を秘めているんだ。

およこさんは昨日の何もしていない時間はどれくらいだった?

およこ
およこ

え?それは...

無意識だからわからないわよ。

おすぎ
おすぎ

それ!その無意識を可視化することによって、動機づけを高めたり、行動を変えるんだ!

記録が無い限り、問題意識を持てないし、改善にも至らないんだ!

これは技法7にもつながることだけど、本書では割愛します。

技法10 日課を週刊の苗床にする「習慣レバレッジ」

週間レバレッジ

  1. 足がかりとなる習慣を選ぶ
  2. 足がかりの習慣の直後(直前)に新しい習慣を行う
  3. 2を繰り返し、少しずつ重い習慣に変えていく
おすぎ
おすぎ

習慣化!多くのビジネス書でも言われる重要単語!

およこ
およこ

あ、これ、あなたやってるわね

お風呂上りのストレッチ、寝る前の日記、起きたときのカーテン。

おすぎ
おすぎ

何かとセットにしちゃうと、無意識のまま習慣になって、やらないと気持ち悪くなるんだ。

最初はもちろん違和感があるけど、慣れちゃえば日常になる。これぞ習慣化!

学びを支える「無知くん」と「親父さん」の会話

おすぎ
おすぎ

実は、独学大全には「無知くん」という全く勉強をしてこなかった若者と「親父さん」という独学に長けた老人の会話がたびたび出てくるんだ。

その中でも気に入ったものを上げていきます!

  • やる気から行動が生まれるんじゃなく、行動からやる気が生まれる
  • 「今日ぐらいいいよね」とサボった人間は、明日も同じように言い訳をこさえてサボる
  • より長く学ぶことは、それだけ自分の頭の悪さに直面し続けることだし、より深く学ぶことは、それだけ深く自分の間抜けさと向きあうことだ
  • 易しいものを読んでおくと、より難しい本が理解しやすくなる
  • 学ぶことは、つまるところ自分を変えることだ

まとめと感想

おすぎ
おすぎ

今回は「独学大全」をおすぎの独断と偏見でまとめました!

独学の辞典である本書で自分を変える様々なテクニックに出会う事ができました。

学びに対して困ることがだいぶ少なくなったと思います。

およこ
およこ

確かに、学校は勉強を教えてくれても、その方法は教えてくれなかったかも。

本当に勉強が必要なのは社会に出た後なのに。

おすぎ
おすぎ

独学はいつ始めても、いつやめてもいいんだ。

また学びを始めたいと思ったら、是非、本書をとってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました