【GRITやり抜く力】一流に近づく、やり抜く力とは?才能よりも大切な力を伸ばす方法!

ライフハック
おすぎ
おすぎ

今回の書籍「GRITやり抜く力」アンジェラ・ダックワース著

をおすすめする人は以下の人たちです。

  • 自分には才能が無いと諦めている
  • 諦めずに、情熱を持ち続けたいと思っている
  • 自分も天才や一流と呼ばれている人に近づきたい

著者の紹介

アンジェラ・ダックワース(Angela Duckworth)

ペンシルベニア大学心理学教授。

近年、アメリカの教育界で重要視されているGRIT(やり抜く力)研究の第一人者。

2013年、マッカーサー賞(別名「天才賞」)受賞。教育界、ビジネス界。スポーツ界のみならず、ホワイトハウス、世界銀行、経済協力開発機構(OECD)、米国陸軍士官学校など、幅広い分野のリーダーたちから「やり抜く力」を伸ばすためのアドバイスを求められ、助言や講演を行っている。

ハーバード大学(神経性物学専攻)を優秀な成績で卒業後、教育NPOの設立・運営に携わり、オックスフォード大学で修士号を取得。マッキンゼーの経営コンサルタント職を経て、公立中学校の数学の教員となる。

その後、心理科学の知見によって子どもたちのしなやかな成長をてだすけすることを志、ペンシルベニア大学大学院で博士号(心理学)を取得し、心理学者となる。

ダックワース教授の研究は、多数の学術専門誌のほか、「ニューヨークタイムズ」「フォーブス」「タイム」をはじめ一般紙でも広く取り上げられている。

TEDトーク「成功のカギは、やり抜く力」の視聴回数は900万回を超える。

心に残った言葉

  • 「やり抜く力」と「才能」は別物
  • 意図的な練習をしなければ、いくら練習しても上達しない
  • 2倍の才能があっても、2分の1の努力では負けてしまう
  • やり抜く力は伸ばせる
  • 「成長志向」のほうが「固定思考」の人よりもやり抜く力が高い
  • 「支えてくれる人」との出会いがやり抜く力を高める
  • 「やり抜く力」を高めたいのなら、「やり抜く力」の高い集団に所属し、その文化の一員となること。

一流に欠かせない「やり抜く力(GRIT)」

「やり抜く力」とは?

「情熱」と「粘り強さ」を合わせた力

多くの一流の人物は諦めずに、目標に向かって突き進む印象はありませんか?

彼らにはきっと「やり抜く力」が備わっています。

本書でも、過酷な訓練に耐える人、一流アスリート、経営者など様々な上位層の人たち。いわゆる「天才」を調査して、彼らに共通するものは「やり抜く力」だと分かりました。

「やり抜く力」を構成するものは「情熱」と「粘り強さ」

「やり抜く力」が高い人々には次のような特徴があります。

  • 大きい目標だけでなく、小さい目標もはっきりしている
  • 目標に対する気持ちが長い期間続く
  • 挫折をしてもくじけず、立ち直ることができる
  • 同じ活動に対しても粘り強く、長い期間取り組むことができる
  • 成果が出ないときでも、諦めずに取り組める
おすぎ
おすぎ

「意志力」や「立ち直る力(レジリエンス)」とはどう違うんだろう。

とりあえず、頑張れる人とか続けれれる人が一流の共通点なんだね!

およこ
およこ

特にアスリートとかビジネスで一流の人は才能がほとんどだと思っていたわ。

共通する才能があるっていうわけではないの?

おすぎ
おすぎ

その才能こそ「やり抜く力」といっても過言じゃないよ!

頭脳とか運動能力とかだけじゃ一流になれないことが分かっているんだ。

次に行ってみよう!

才能だけでは一流になれない

才能だけでは一流にはなれません

本書では才能のみでは一流になれないことを様々な視点から示しています。おすぎの考えも含めてまとめておきます。

  • いくら才能があったとしても、行動しなければ意味がない
  • 才能があっても、途中で挫けてやめてしまう
  • せっかくの才能も努力ができなければ伸びることは無い
  • 才能を測定するテストは性格に測れないことが多い
おすぎ
おすぎ

どんなに出来が悪いブログの記事も、公開しなければ読んでもらえない。

素晴らしい文章の才能も、書かなければ伝わらない。

当たり前だけど、行動しなければ何も変わらないよね。

およこ
およこ

身近な友達でも、趣味や仕事ですごい能力だと思っても、それ以上にはならないのよね。

Youtuberやブロガーさんたちも何気ないことが大きなお金や企画になるし。

やり続ける力って大切なのね。

おすぎ
おすぎ

続ける力だけが「やり抜く力」だけではないから、それだけではないよ!

自分の目標や目的に向かって行動を続けられるかが重要なんだ。

およこ
およこ

でも、少なくとも少しでも才能がないとダメでしょ?

私が今からプロ野球選手になれって言われても、無理よ。

おすぎ
おすぎ

もちろん、そこまでの話ではない(笑)

ただ、「やり抜く力」と才能は全くの別物なんだ。

才能と「やり抜く力」は全くの別物

才能が高くても、「やり抜く力」が高いわけではない

本書では名門大学の学生を対象として行った調査結果が掲載されています。

その結果、SAT(大学進学適性試験)のスコアが高い学生は平均的に「やり抜く力」が低かったのです(才能があるから「やり抜く力」が低いという関係まではいきません)。

それだけではなく、IQ(知能指数)を測る試験でも同じ結果でした。

しかし、修士課程に進学した大学生、クイズ大会の上位者といった、才能を成果に結びつける人たちは総じて「やり抜く力」が高いのです。

才能があっても、才能を生かせるかどうかは別の問題だということになります。

およこ
およこ

最低限の才能があることはさすがに条件なのね。

まあ、ずっと向いてない事をやっても「やり抜く力」の「情熱」にならないわね。

おすぎ
おすぎ

「努力に勝る天才は無し」って聞いたことはあるかな?

努力とは少し違うけど、「やり抜く力」は成功のために必要不可欠な能力なんだね。

およこ
およこ

才能と別っていうことは、「やり抜く力」だけ伸ばすこともできるってこと?

おすぎ
おすぎ

もちろん!

あなたも天才や成功者への一歩が踏み出せるはず!

「やり抜く力」を内側から伸ばす4つの手順

興味

情熱を抱き、没頭すること

まずは、自分の興味・関心を持てる分野を見つけること。そして、没頭し行動へ移していくことが必要になります。これを発見と発展に分けて紹介します。

発見の段階では、とにかく良いと思ったことをなんでもやってみること。さらには、人との出会い、活動、旅行、趣味など様々な刺激を受けることが大切です。

ただ、最初からなんでもやってみると言われても、何をしていいのか分からないですよね。

本書では、別の発見方法も示されています。それが、下の自分自身への質問です。

  • 私はどんなことを考えるのが好きなんだろう?
  • いつのまにかよく考えていることはどんなこと?
  • 私が本当に大切に思っているのはどんなこと?
  • 私にとっても最も重要なことは?
  • 何をしているときが一番楽しい?
  • これだけは耐えられないと思うことは?

次に、発展の段階です。

抱いた興味は情熱へと発展させていく必要があります。

  • さらに興味が湧くような機会や出会いを自分で作る
  • 興味を掘り下げるために、常に疑問を持って過ごす
  • 励ましてくれる仲間やメンターとつながる
  • 自分から、どうしたら興味が深まるのかを考える
おすぎ
おすぎ

以前の記事では、「情熱」は後からついてくるって紹介したね。

でも、自分の興味や仕事のやりがいを探そうとすることはとても大切。

日常生活の質を高めることが明らかになっているよ。

およこ
およこ

誰でも、ぼんやりとはあるわよね。

ただ、自分で深く掘り下げたことまではなかなかないかも。

おすぎ
おすぎ

中学生のときの夢も、深く考えたら具体的な夢になっていたのかもね。

大人も同じ。自分の興味・関心を具体的にすることは情熱に発展させることができるよ。

練習

意味のある方法を繰り返して行う

やっても無駄な方法をいくら行動しようとも、成果にはつながりません。

では、一流の人たちはどのような方法や練習を行っているのでしょうか。

それが、「意図的な練習」と呼ばれる行動です。まとめると、以下のようになります。

  1. 目的を絞って、少し高めの目標を設定する
  2. 集中し、努力を惜しまずに目標の達成を目指す
  3. 改善すべき点を見つけ、直るまで繰り返す

意図的な練習は孤独で、過酷になる場合が多いです。しかし、「やり抜く力」が高い人々は意図的練習を長い時間やり抜き成功へと近づいていきます。

おすぎ
おすぎ

「やり抜く力」を直接的に伸ばすわけではないかもしれないけど、「やり抜く力」が高いことで、結果的に成功するための能力が上がっていくんだね。

およこ
およこ

特別な練習をしているかと思ったら、そんなことではないのね。

反省して、直す。改善を繰り返しているようなものかしら?

おすぎ
おすぎ

ひたすら改善を追求する感じだよね。アスリートだとイメージしやすいかな。

これを長時間やるには「やり抜く力」が重要なんだ。

目的

固い決意のためには「他者」を目的にする

「やり抜く力」の情熱を支えるのは興味と目的です。

しかし、「やり抜く力」のある人たちが使う目的は一般的な意味と少し異なります。

ここでいう目的とは「自分にとっての利益」でなく「他者に対する貢献」です。

実際、「他者に対する貢献」を目的とする人々は「自分にとっての利益」を目的とする人よりも「やり抜く力」が高いことが明らかになっています。

「他者に対する貢献」の内容は人によって様々ですが、有名なレンガ職人を例に出してみます。

彼らは全員レンガ積みをしていますが、意識はそれぞれ異なっていました。

  1. レンガを積んでいる
  2. 教会を作っている
  3. 歴史に残る大聖堂を作っている

この場合、最も「やり抜く力」が高いのは3番の職人です。1番の職人と比べると、非常に高い目的があり、高いモチベーションがあると考えられます。

「やり抜く力」の高い人は貢献の影響度も大きくなります。身の回りの人だけでなく、家庭や世界といったような大きな目標へと変化します。

おすぎ
おすぎ

ビル・ゲイツなど富裕層が慈善団体を立ち上げることも納得がいくよね。

彼らの目的はただ自分たちが裕福になることだけじゃないんだ。

およこ
およこ

偏見だけど、お金を目的としていてから、寄付を始めたと思っていたわ。

他者への貢献が先行することなんてあるのかしら。

おすぎ
おすぎ

もちろん、100%他者への貢献ではないよ。

でも、共通していたのは貢献する気持ちが高いことだった。

後付けでも、目的が大きな影響力を持つことが大切なんだね。

およこ
およこ

レンガ職人の例もそうね。

仕事に意味を見いだせないと続けるのが苦しいもの。

希望

「もう一度立ち上がれる」考え方をつくる

「やり抜く力」が高い人々は、失敗しても立ち直る力が高い。

彼らには失敗しても立ち直ろうとする脳の仕組みができています。

ただ、筋肉と同じように脳は鍛えられます。

持つべき考え方としては以下の2つです。

  1. 「知能」や「才能」は努力によって決まる
  2. 楽観主義となり、失敗は「今のままじゃできないだけで何とかなる」

1つめは成長思考を持つことです。

反対として固定思考があります。「知能」や「才能」は自分では変えられず、生まれつきのものであるという考え方になります。

固定思考では失敗したときに、次への行動が生まれません。

2つめは楽観主義をとることです。

反対としては悲観主義です。悲観主義は小さな失敗でさえ立ち直ることができない事態だと把握してしまいます。

これでは、逆境に出会ったとき諦めてしまい、それ以上の行動がありません。

成長思考と楽観主義を続けることによって、あなたにも「やり抜く力」の高い一流の人々と同じ考え方が習慣として身に付きようになります。

おすぎ
おすぎ

改めて、脳って自分の力で変えることができるんだね。

他の記事でも紹介したけど、考え方だけで脳や体まで変わるなんて。

およこ
およこ

毎回思うけど、信じられないわね。

きっと正しいんだろうけど、科学的じゃない感じが。

おすぎ
おすぎ

認知行動療法っていうのがあるくらい、考え方って重要らしいよ。

考え方は行動にもつながるし、意識するだけでも大切なんだね。

仲間と支え合えば、より「やり抜く力」が成長する!

同じ目的の仲間やグループと繋がる

習慣についても同じような話をしましたが、他者の協力は非常に大きいです。

自分より大きい、もしくは、自分と同じくらいの目的や行動、活動をしている人が良いでしょう。

他の人がどう頑張っているのか、今、何をしているのか知るだけでもモチベーションになります。

さらには、グループへ参加することはより効果が高まるでしょう。

現在ではTwitter、Instagram、Facebookなど手軽に様々な人と繋がるツールがあります。

自分のためにSNSを利用することは非常に有益ではないでしょうか。

おすぎ
おすぎ

おすぎも、読書好きやブロガーさんのアカウントを見て励みにしています。

コメントやいいねはモチベーションになるし、更新するって宣言するとやらざるをえないし。

およこ
およこ

学校の部活も、最初は嫌々なことも、文化として慣れちゃったわね。

人間って慣れちゃうものね。

おすぎ
おすぎ

良くも悪くも、人間は周りに合わせちゃうからね。

自分を本気で変えたい!っていうときは、やっぱり集団に属するのも大切だね。

まとめと感想

おすぎ
おすぎ

今回は「やり抜く力」について紹介しました!

他の書籍でいう「意志力」や「立ち直る力」と関わりがありそうで面白かったです。

何より、やっぱり行動すること、続けることの大切さを知りました。

それだけでも自分の「やり抜く力」は高まった気がします。

およこ
およこ

行動するだけでもダメだから、正しい方法に進んでいるか、もでしょ。

ダイエットをやり抜くには成果も見えないと、やる気がなくなるもの。

おすぎ
おすぎ

きちんと目的に向かって進んでいるかは振り返らないとね。

ただ、あれこれ始めて、辞めてを繰り返しても「やり抜く力」は高まらない。

継続して振り返る、反省して行動する、これを繰り返せる人になりたいな。

およこ
およこ

きちんと家事を「やり抜く力」がつくことを祈ります。

家族のためにね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました